グリーンネイルになる重症でもコレなら治せる

グリーンネイルになる重症でもコレなら治せる

最近爪が緑色に変色する「グリーンネイル」という病気が若い女性に広がっています。一方で、クリアネイルショットで良く知られるようになった白癬菌による爪水虫も爪の色が変色します。

 

爪水虫の変色とグリーンネイルという病気、いずれも爪の感染症ですが、爪水虫専用のクリアネイルショットで治るのでしょうか?

 

そもそも爪水虫は白癬菌というカビが爪の中に感染して起こる病気ですが、白癬菌は珍しいカビではなく、足や手が清潔に保たれていない、水虫を放置した場合に、白癬菌が爪に住み着く病気です。

 

爪水虫という名前が普及したのはクリアネイルショットが爪水虫特化型の有効成分配合製品を開発したからですが、グリーンネイルはまだあまり知られていないと思います。

 

でも、グリーンネイルも緑膿菌という菌による感染症なのです。だから、クリアネイルショットに配合の竹酢液(ちくさくえき)や、ティーツリー精油、レモンティーツリー精油などでカビを死滅させることができます。

 

グリーンネイルはネイルアートをしている女性によく見られ、ネイルをしているために、キラキラが取れないようにあまりちゃんと手を洗わないという不潔行為から起こっているので、まずはネイルアートを取り除きましょう。

 

その上で、手を清潔に保つために洗う、乾燥させる、クリアネイルショットを塗る、乾燥させるを繰り返してみてください。

 

グリーンネイル専用の市販薬はありませんので、爪水虫専用のクリアネイルショットなら、グリーンネイルの緑膿菌も、普通の爪水虫の白癬菌も死滅させてくれます。
なぜなら、有効成分の竹酢液には殺菌・防菌・消臭効果など様々な効果がありますので、継続的に使用することで改善につながります。

 

また爪にちゃんと浸透するようにスクワランオイル、アボカドオイルも配合されておりますので、グリーンネイルの緑膿菌にも有効と考えられます。
グリーンネイルになっている人は足の水虫や爪水虫の白癬菌に感染している場合も考えられます。

 

毎晩足や手をちゃんと清潔に保っていますか?じめじめした中で足を洗わずにそのまま寝てしまうなんてことはないでしょうか?

 

家族でスリッパを共有するなど、感染源は色々ありますが、とにかくカビということには変わりありませんので、清潔に保つ、乾燥させる、なるべく湿度の高い状態で長時間放置しない、ネイルアートを我慢する時期を決めるなど、色々とできることはあると思います。

 

家のお掃除にはカビキラーですが、指にカビキラーを塗るわけにはいきませんから、クリアネイルショットを試してみてくださいね。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら