どのくらいの期間で効果がわかる?

どのくらいの期間で効果がわかる?

爪水虫の完治のためには病院へ行くことが一番ですが、
病院で出された内服薬によって副作用が出たと言う人も少なくありません。
また爪水虫を完全に治すためにはそれなりの時間が必要となります。

 

病院で完治させるにも期間としては、3ヶ月〜6ヶ月程度かかるとされていますが、
クリアネイルショットで爪水虫を治すにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

 

治療が長引くのであれば、忙しい人は病院に通うのも一苦労ですよね。
今回は、クリアネイルショットはどのくらいの期間で効果が現れるのか?
そして、どのくらいの期間で爪水虫を完治させることができるのか?
についてご紹介します!

 

水虫というと皮膚がジュクジュクして痒い!というものを思い浮かべると思いますが、
皮膚がカサカサして剥けているものも水虫と言います。
また爪水虫とは皮膚だけだはなく爪の中にまで白癬菌が入り込み、爪が変形したり
色がおかしくなったりすることです。

 

水虫は病院で治療をすると2ヶ月ほどで完治できますが、
爪水虫となると病院で治療をしても半年ほどかかる人も少なくないようです。

 

クリアネイルショットも塗ってすぐに爪水虫に効果が出る!というような即効性
のあるものではありません。
ですので、過度な期待をして、1週間ほどで綺麗な爪になれる!とは思わないほうが
よいです。

 

実際にクリアネイルショットで爪水虫を完治させた人によると、
1週間から2週間ほどで、爪の表面が少し滑らかになったように感じたそうです。
ただこの時点では爪水虫が治ったとは言えませんね。

 

そして3ヶ月ほど使い続けると新しい爪がだいぶ生え変わり効果を実感できる人が
多いようです。ただし、この時点では、完治はしていない可能性もあるので大分
きれいになったからと言って、使用を中止しないほうがよいです。
再発の可能性もあります。

 

半年ほど使うとほとんど元通りの爪になることができます。
ここで使用をやめる人もいるようですが、万が一再発なんてことになると今まで
コツコツとケアをしてきた意味がないので、完全に治った!と思っても使い続け
1年間の使用をしている人もいました。

 

いかがでしたでしょうか?
確かにクリアネイルショットを使った爪水虫の完治にはある程度の期間がかかります。
しかし、それは病院で治療をするのも同じことです。

 

あなたなら、病院での治療とクリアネイルショットを使ったケア、どちらを選びますか?
クリアネイルショットには、公式通販で買うとお得なコースもあります。

 

是非、一度チェックしてみてくださいね。

 

⇒クリアネイルショットを試してみたい方はこちら